界王拳を極めしもの


by lqyrp8ktdf
 東京都内の降雪の影響で、路面凍結などで転倒する人が相次ぎ、19人がけがをしたことが2日、東京消防庁のまとめで分かった。 

【関連ニュース】
特急衝突、乗客ら41人けが=ダンプがスリップ、踏切に
日本海側大雪、ほぼ峠越える=山沿いは引き続き注意
日航機が雪で滑走路逸脱=乗客2時間機内に、けが人なし
日本海側、2日も大雪=北海道は朝まで強風

「高島易断」名乗る祈祷料詐欺 起訴内容認める(産経新聞)
首相「冷静に見守る」…小沢氏進退巡る発言(読売新聞)
2次補正、きょう午後に成立(時事通信)
<最低賃金>引き上げ検討、厚労省と経産省が初会合 (毎日新聞)
参政権、閣内で調整=平野官房長官(時事通信)
[PR]
# by lqyrp8ktdf | 2010-02-03 05:08
 岡田克也外相は1日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について「望ましいことではないが、他になければ普天間が今のままということもあり得る」と語った。移設先で結論が出せない場合には、普天間の使用継続があり得るとの考えを示した。

 鳩山由紀夫首相は1月28日、普天間の使用継続について首相官邸で記者団に「危険性が高く、騒音に悩まされている方が多い中で『移設先を探そう』とゼロベースで検討している。今まで通り使うという話はない」と否定。北沢俊美防衛相も同29日の記者会見で「今の形で普天間が継続されることはあり得ない」と否定していた。

 会見で岡田氏は「ゼロベースということは、あらゆる可能性がある」と強調した。キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行計画についても「検討の対象には含まれる」との見方を示した。【野口武則】

【関連ニュース】
岡田外相:「日米同盟深化させる」 外交演説で強調へ
普天間移設:岡田外相が米副司令官と会談「5月まで結論」
岡田外相:ハワイに到着 13日未明に米国務長官と会談
日米外相:12日にハワイで会談 同盟深化を協議
日米外相会談:11日ハワイで 両政府が調整

「THIS IS IT」初回200万枚 渋谷で記念イベント(産経新聞)
<時効廃止>中井国家公安委員長 支持する意向を表明(毎日新聞)
昨年の貿易黒字、36.1%増=2年ぶりプラス−財務省(時事通信)
<衆院予算委>2次補正通過へ 集中審議2月実施で合意(毎日新聞)
「まんがランド」を家宅捜索 千葉県警(産経新聞)
[PR]
# by lqyrp8ktdf | 2010-02-02 07:05
 長妻昭厚生労働相は30日、介護従事者の給与について「ほかの産業に比べ、まだ高くない現状もある」とした上で、「介護報酬の中で(引き上げを)検討していく必要がある」と述べ、2012年度の次期改定で介護報酬増額を目指す考えを示した。東京都国分寺市内で記者団に語った。
 その上で「(介護報酬を)上げ過ぎると(サービス利用者の)自己負担や保険料に跳ね返ってくる」と指摘。このため、介護職員のみを対象としている11年度末までの処遇改善交付金についても「一過性で終わらせず、恒久的に措置していきたい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜資金の出所隠す経理操作?〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

<自民党>比例公認「70歳定年制」厳守 党内意見を考慮(毎日新聞)
山崎前副総裁 引退へ 参院選で自民公認難しく(毎日新聞)
押尾容疑者を保護責任者遺棄致死罪で起訴(産経新聞)
小沢氏「私の立場で対応」 名護新市長と会談、現行案見直し要請受け(産経新聞)
宮城県北部で震度4(時事通信)
[PR]
# by lqyrp8ktdf | 2010-01-31 16:08
 厚生労働省は29日、解雇されたり派遣契約期間が終了するなどして、3月までに職を失ったか失うことが決まっている非正規雇用労働者の数が、前月から6440人増加したとする調査結果を公表した。調査を開始した08年10月からの累計は25万6731人に達した。

 1月20日時点で新たに把握した失職者、失職予定者は、派遣労働者1491人(23.2%)▽期間労働者1067人(16.6%)▽請負247人(3.8%)▽パートなどその他3635人(56.4%)だった。一昨年に大量の雇い止めがあり、派遣労働者が多くを占めていたが、この1カ月間の状況では、パートが大半のその他が最も多くなり、解雇人数も2990人で調査開始後最多になった。【東海林智】

【関連ニュース】
東京都公設派遣村:宿泊者、想定枠の500人上回る
貧困支援:延べ1万3127人が宿泊提供受ける 年末年始
公設派遣村:再始動…都、想定外の支援 市民団体が後押し
公設派遣村:宿泊者831人に…東京都
総務省:58事業に改善勧告…雇用保険料の08年度運用分

7億詐取容疑、大手旅行会社元社員に逮捕状(読売新聞)
矛盾と謎 不可解説明 政治資金めぐり 小沢氏強気どこまで…(産経新聞)
インフル定点8.13、7週連続で減少(医療介護CBニュース)
省庁再編「1年2年でできない」=鳩山首相(時事通信)
郵便不正事件初公判、村木元局長は無罪主張(読売新聞)
[PR]
# by lqyrp8ktdf | 2010-01-30 01:35
 分譲マンションの管理組合が、部屋を所有するのに住んでいない非居住者だけに「住民活動協力金」名目で月2500円を負担させることの是非が争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は26日、「金銭的負担を求めることは合理性を欠かない」として、徴収は有効とした。

 同小法廷は「協力金の負担を求めることは、管理組合の業務を分担できない非居住者と居住者の不公平を是正するためで、必要性と合理性が認められる」と指摘。金額は社会通念に照らして我慢できない限度を超えるとはいえず、大半の非居住者が支払っているとして、有効と結論づけた。

 判決などによると、問題となったマンションは大阪市北区に昭和40年代に建てられたもので、総戸数868戸。うち約2割が第三者に賃貸されるなどして、所有者が不在となっていた。管理組合は非居住者が組合の役員に就任できないことなどから、平成16年に規約を変更し、非居住者だけに月5000円を負担させることを決め、19年には2500円に減額していた。

【関連記事】
長谷工 さいたまの物件、下旬発売 マンション初の「長期優良」
二〇三〇年 ヒルズ、老朽化の先は…
中古マンションに「星の数評価」を 京都で全国初 
大阪・千里ニュータウン高齢化で明暗…東部は人口減、西部は子育て世代増加

こんにゃく粉密輸入=白滝と偽る、業者告発−横浜税関(時事通信)
<恐竜>初めて色を特定「中華竜鳥は赤褐色」 中・英チーム(毎日新聞)
追試実施は見送り=「インフル患者減少」−東大入試(時事通信)
「だまされたふり」で摘発強化=2月に振り込め撲滅月間−警視庁(時事通信)
<小沢幹事長>虚偽記載関与を否定 聴取後に会見、文書配布(毎日新聞)
[PR]
# by lqyrp8ktdf | 2010-01-28 20:05