界王拳を極めしもの


by lqyrp8ktdf

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 栃木県警栃木署は23日、知人の無職少年(16)から現金を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂の疑いで、同県鹿沼市のアルバイト店員の少年(16)を逮捕した。脅された少年は今年3月、金を工面しようとコンビニに押し入り、強盗未遂の現行犯で逮捕された。

 同署の調べによると、アルバイト店員の少年は3月17日と21日、県内の無職少年に「20人分の電車賃を用意しろ」と電話やメールをして、金を脅し取ろうとした疑いが持たれている。

 脅された少年は3月22日、同県壬生町のコンビニに押し入り、強盗未遂の現行犯で逮捕された。犯行動機を追及したところ、恐喝されて犯行に及んだことが判明した。

 逮捕された少年は「(被害少年に)依頼されてトラブルを解決したので、協力してもらった仲間に交通費などを払いたかった」と話している。

【関連記事】
「レジ、オープン」英語講師、コンビニ強盗容疑で逮捕 
「アイ・ウォント・マネー!」コンビニ強盗未遂でアメリカ人を再逮捕 
「金を出せ!アホんだら!」コンビニ強盗、10万円わしづかみ
コンビニ強盗目撃、トラック運転手が取り押さえる 茨城・常総
カラーボール塗料付着の男を逮捕 コンビニ強盗に関与か

妊婦の抗ウイルス薬投与で副反応調査へ―新型インフルで日産婦学会(医療介護CBニュース)
秋田県産5トン、青森リンゴに市場で混入か(読売新聞)
孤独死対策の予算新設で秋に協議会設立―神奈川県(医療介護CBニュース)
<北沢防衛相>ヘリ接近中国に再抗議(毎日新聞)
桃太郎、アンパンマンと鬼退治!? 昔話を知らない子供たち、20年で正答激減(産経新聞)
[PR]
by lqyrp8ktdf | 2010-04-27 19:15
 オーロラを待ち続けて5日。降り続いた雪がようやくやみ、星空が広がった。暗闇に目をこらしていると、うっすらとオーロラが現れた。やがて小さく揺らめき始め、雲も透過するほどはっきりとした姿に変わった。気が付くと、天空全体が薄緑の神秘的なカーテンに包まれていた。

 ノルウェーのトロムソは、北極圏最大の町。オーロラ帯の中央に位置する、オーロラ観測に最適な場所としても知られる。温暖なメキシコ湾流の影響から、冬場でも平均気温はマイナス5度と暖かい。

 オーロラの発生には、太陽の黒点が密接に関係している。黒点が多い年は、オーロラが現れる回数も多くなる。オーロラの発生は11年周期になっており、今年が観測のベスト・イヤー。日本からもチャーター便が就航するほどで、トロムソは“オーロラハンター”たちでにぎわっていた。

 「どうでしたか? 見えました?」。ダイナミックに繰り広げられた“オーロラショー”の後、ホテルに戻るとトモコ・ハンセンさん(66)が熱いコーヒーで迎えてくれた。

 トモコさんは佐賀県唐津市の出身。ノルウェー人の夫と日本で知り合い40年前、トロムソに移り住んだ。ホテルのロビーにあるバーで、日本人観光客の相談相手を務める。気さくなトモコさんだが、オーロラツアーから戻った人たちに結果を聞くことはほとんどない。「見えれば自分で報告に来るし、何よりうれしそうな表情で分かります」

 地元の人たちにとってオーロラは、日常的な光景で興味の対象ではないという。それでも「ふと夜空を見上げたときに輝くオーロラは、何度見てもきれい」と、トモコさんは目を輝かせた。

 遅い春が訪れオーロラのシーズンが終わると、北極圏は白夜の季節を迎える。“夜空の主役”は、9月末までは太陽が務めることになる。(写真報道局 大山文兄)

 ■掲載写真お分けします

 掲載写真を実費でお分けします。問い合わせは、産経新聞社ビジュアルサービスTEL03・3275・8775(午前11時〜午後7時)。ホームページはhttp://www.sankei−syashin.com/

【関連記事】
突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ
愛媛県新居浜市・別子銅山 人気上昇「東洋のマチュピチュ」
長野県・美ケ原 零下に咲く「氷の花」
諏訪湖見下ろす朝焼けの富士 長野県塩尻市「高ボッチ高原」
黄葉と白銀 奇跡の“共演” 長野県富士見町「立場川橋梁」

裁判員裁判の量刑、殺人や性犯罪で重い傾向(読売新聞)
<OBサミット>広島で開幕「核兵器なき世界」議題に(毎日新聞)
<社会人野球>ホンダ鈴鹿など2勝目…日立市長杯予選リーグ(毎日新聞)
「ほかの人には…」裁判員裁判で長男殺害の母(読売新聞)
みかんの搾りかす有効活用、バイオ燃料に(読売新聞)
[PR]
by lqyrp8ktdf | 2010-04-23 04:36
 平野博文官房長官は19日午前の記者会見で、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のヘリ部隊移転先として検討している鹿児島県徳之島を鳩山由紀夫首相自身が訪問する可能性について「そういうことも視野に入れながら、政府として説明することは説明し、お願いすることはお願いする」と述べた。
 普天間問題が5月末までに決着しなかった場合、首相の進退問題に発展するかどうかに関しては、「わたしはそうは思わない」と否定的な見方を示した。 

<普天間移設>「一つの民意」反対集会に首相(毎日新聞)
仕分け第二弾 民間仕分け人31人を内定 外人は除外(産経新聞)
エプソンのパソコン発火の恐れ、無償修理(読売新聞)
大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か−容疑の31歳男逮捕・警視庁(時事通信)
児童買春容疑で補導員逮捕=女子中生2人にわいせつ行為−警視庁(時事通信)
[PR]
by lqyrp8ktdf | 2010-04-20 14:38
 読売新聞社が3月27、28の両日に実施した憲法に関する全国世論調査(面接方式)によると、憲法を「改正する方がよい」とする人は43%、「改正しない方がよい」は42%だった。

 昨年3月調査では改正賛成(52%)が改正反対(36%)を大きく上回っていたが、今回は賛否が拮抗(きっこう)した。一方、国会が憲法改正論議に取り組むべきだという回答は7割を超えた。

 改正論が減少した背景には、「護憲」を掲げる社民党が参加する鳩山内閣での憲法論議の停滞や、景気対策、米軍普天間飛行場移設など喫緊の課題が山積していることがあると見られる。

 改正賛成派は、民主支持層で42%(昨年53%)、自民支持層でも41%(同54%)にとどまり、ともに反対派を下回った。

 戦争放棄などを定めた憲法9条についても、「解釈や運用で対応するのは限界なので改正する」が32%(昨年38%)に減少し、「これまで通り解釈や運用で対応する」44%(同33%)が上回った。

 憲法改正の手続きを定めた国民投票法は5月に施行される。国会での憲法改正論議に関しては、「憲法改正の原案の提出にはこだわらず議論をすべきだ」40%、「憲法改正の原案の提出を目指して議論をすべきだ」34%で、議論を望む人は合わせて74%に達した。

 ただ、今後の国会で憲法論議が「進まない」との答えは64%に上り、「進む」は27%だった。「進まない」と思う理由(複数回答)では、「連立与党内で憲法問題に対する意見の違いがある」72%が最も多かった。

首相、日銀総裁と9日会談(時事通信)
「国家公務員の働きに感謝」新人キャリアに首相訓辞(産経新聞)
日本の親、成績に無関心=米中韓の高校生比較−財団調査(時事通信)
開封職員のライターから引火か=日本医師会あて鉢植えのぼや−警視庁(時事通信)
注目を集める布ナプキン 子宮疾患啓発から体と心見つめ直す(産経新聞)
[PR]
by lqyrp8ktdf | 2010-04-14 11:36
 哀川翔さん主演の映画「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」(毎日新聞社など製作委員会)の完成披露試写会が5日、東京・水道橋のJCBホールで開かれた。哀川さんとゼブラクイーン役の仲里依紗さん、脚本の宮藤官九郎さん、三池崇史監督らが舞台あいさつに立った。

 映画は06年に大ヒットした「ゼブラーマン」を大幅にスケールアップした続編。無法都市ゼブラシティとなった2025年の東京を舞台に、善の象徴・白ゼブラーマンと悪の象徴・黒ゼブラクイーンの死闘を描く。哀川さんは「自分の集大成の作品。かなりきつかったが、その分いい映画になった」と話した。最悪のヒールヒロインを演じた仲さんは「身も心も出し尽くした。真っ黒に染まってほしい」と呼びかけた。三池監督は「皆さんの想像よりはるかに強烈な作品。あぜんとするラストも楽しんでほしい」と自信を見せた。5月1日から全国公開の予定。【鈴木隆】

【関連ニュース】
ゼブラーマン:沖縄国際映画祭で上映
ゼブラーマン2:仲里依紗のゼブラクイーン、PV公開 2025年の過激なアイドル
ゼブラーマン2:仲里依紗「ゼブラクイーン」が映画主題歌担当 4月に歌手デビュー
沖縄国際映画祭:「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」上映
沖縄国際映画祭:スターずらり、ファン声援 オープニングレッドカーペット&セレモニー

<訃報>吉田勝二さん78歳=長崎原爆の語り部(毎日新聞)
休校・学級閉鎖がゼロ=新型インフル流行後初−厚労省(時事通信)
国歌斉唱「声小さい」 橋下知事、任命式で一喝(産経新聞)
<前原国交相>成田に全身スキャナー 7月めどに実験開始へ(毎日新聞)
<山本病院事件>容疑者死亡で不起訴に 奈良地検(毎日新聞)
[PR]
by lqyrp8ktdf | 2010-04-09 01:07
 元厚生次官ら3人の殺傷を「飼い犬のあだ討ち」と主張した小泉毅被告(48)は法廷で、独自の理屈を述べて自分の行為を正当化し、反省や被害者、遺族への謝罪は一切口にしなかった。
 小泉被告が一貫して動機に挙げたのが、12歳の時の飼い犬の殺処分。処分が本当かどうかは確認できないが、被告は殺されたと思い込み、厚生省(当時)が保健所を管轄すると考えて恨みを抱くようになった。
 被告人質問では、ほおをたたいて涙ぐみながら飼い犬について語り、「保健所により犬や猫が生ごみのように捨てられている」と声を荒らげた。元次官や家族は厚生省という組織のトップだったことを理由に標的になった。小泉被告は「人の命だけがなぜ尊いのか。(殺害を)実現できて満足」とまで述べた。
 捜査段階の鑑定で精神障害を否定した大学教授は証人尋問で、あだ討ちは動機の一つにすぎないとして「社会への不満と無関係に考えるべきではない」と証言。大物を狙う自爆テロに類似点があると分析した。 

【関連ニュース】
〔ニュース解説〕元厚生次官宅連続襲撃事件
〔写真ニュース〕小泉被告に死刑判決=さいたま地裁
小泉被告に死刑判決=元次官ら連続殺傷
元次官連続殺傷、30日に判決=死刑求刑、小泉被告に
「厚生官僚の大罪許さない」=小泉被告が最終陳述

道路予算 民主要望、9割反映 参院選“苦戦”の県、優先(産経新聞)
緊張感なさすぎる…若林氏失態、若手ら落胆(読売新聞)
<唐招提寺>第86世長老に堀木教恩師(毎日新聞)
民主の介護議連が設立総会(医療介護CBニュース)
【バイヤー熱視線】十勝野ワインポーク ベーコン ソーセージ(産経新聞)
[PR]
by lqyrp8ktdf | 2010-04-05 23:53
 平野博文官房長官は30日午後の記者会見で、在日米海兵隊について「今の北朝鮮の動向を含め、沖縄の皆さんの負担を頂きながら米海兵隊が沖縄にいることは、抑止力、初動態勢を含めて必要だ」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島〜金総書記、「余命は3年」〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕若き日の金正日氏〜知られざる素顔〜
核削減努力呼び掛けへ=G8が外相会合続行
日米外相会談要旨

<河村名古屋市長>リコール運動不調でも辞任せず(毎日新聞)
<殺人>父親殴り死なす 34歳の男を容疑で逮捕…大阪府警(毎日新聞)
鳥取の海岸水死、上田被告が当日に着替え購入か(読売新聞)
福生殺人 25歳容疑者逮捕 路上で男性刺す(毎日新聞)
足利事件再審 裁判長が菅家さんに謝罪(産経新聞)
[PR]
by lqyrp8ktdf | 2010-04-01 04:35